stories

日々のこと

人生の正解

大学生活でやり残したこと。彼女をつくる、友人と旅する、スタバでバイトする、劇団系サークルに入る、音楽系サークルに入る、長期インターンをする...数えだしたらキリがない。

 

あの頃は「やる必要がない」とか「やる余裕がない」と思うことのほうが多かった。確かに、今でもバイトについては「どのみち社会に出て働くのだから、今からそんなことに時間を費やすことがあるか」と思うけれど。

 

それに、自分では自分自身の生活に満足していた。決して後悔しているわけではない。今まで経験したこととか、広がった人間関係とか、このルートじゃないと得られなかったものであることは疑いもない。

 

しかし。自分よりも、もっと充実した、得るものの大きい4年間を過ごしてきた人物がいることもまた疑いもない。そう考えると、自分はこの4年で何をしてきたのだろうか。何か成果を残したことが一度でもあっただろうか (もちろんないわけではないが、ずっと小さなものに感じる)。

 

自分はどう過ごせば「最適解」だったのだろうか。満足しているのか、どちらかといえば後悔のほうが大きいが、人生の正解を教えてほしい。この4年間に意味を見出してくれる人はいないだろうか。