読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

days

乃木坂・欅坂が好きな大学生のブログ

テーマのつくりかた

あるイベントのキャッチコピーを絞ったときに考えたこと。

そういうネーミングに関する知識はないけど笑

 

私は最初に「文字数」について考えてみた。

以前こういう話を聞いたことがある。

 

人が認識できる文字数は9〜13文字。

 

この「13文字ルール」は、京都大学の『マンマシンシステム工学視覚系指標の計測と分析(1)- 眼球運動-』という研究で明らかになった。Yahoo! のニュースなどはこの結果にもとづいてタイトルの文字数を13文字以内にしているらしい。読ませるのではなく、見せるタイトルってことか。

 

次にこのルールを活かしてみる。

 

まずテーマには短いものと長いものがある。それは短いものは「テーマ」と呼ぶのがふさわしくて、長いものは「キャッチコピー」と呼ぶのがふさわしい気がする。短いとインパクトがあるけど、その内容が伝わりにくかったりする。一方で長いとインパクトさは欠けてしまうが、内容は伝わりやすくなる。

 

さて、キャッチコピーをつくるとき、文章は端的なほうが良い。たとえ13文字だとしても、意味ありげな文にしてしまうほど認識する速度は落ちる。見る側の?を増やすだけのキャッチコピーでは何も伝わらない。

 

そして具体的にしすぎないこともポイントだと思う。シンプルにすることで解釈が広がる―それはいろいろな分野と繋がりやすくなる、ということを意味する。シンプルにしすぎても面白みがなくなってしまうので、あくまで「複雑にしすぎない」ことが大切なのかもしれない。